まちライブラリー「山ノ上ノ談話室」

2018年春、箱根山テラスでは、小さな図書館、まちライブラリー「山ノ上ノ談話室」をはじめました。

写真:まちライブラリー

まちライブラリーは、そのまちに住む人が用意した場所に、「誰かに読んでほしい本」が集まり・育ってゆく私設図書館のしくみです。

この私設図書館は、誰かのご自宅や喫茶店、会社や学校まで、全国のいろいろな場所にありますが、どこのまちライブラリーも、誰かの思い出に刻まれた大切な1冊が集められたもの。1冊ごとに、寄贈してくれた方からのメッセージが添えられています。

箱根山テラスの、まちライブラリーは「山ノ上ノ談話室」と呼ぶことにしました。

本棚はワークショップルームに設置していますが、広いテラスやカフェなど、敷地内であればどこにでも持ち出し可能です。誰かと本談義に花を咲かせるもよし、集中して一気に読み耽るもよし。「誰かに薦められた本」と出会い、箱根山テラスでの時間をゆっくりお過ごしください。

まちライブラリー「山ノ上ノ談話室」のご利用について

開館時間  毎日10:30〜21:00(不定休・ホームページでご確認ください)
ご利用

ご利用の際にはフロントでカフェメニューからおひとりワンドリンクをご注文ください

*箱根山テラス提供以外の飲食物のお持ち込みはお断りしております

貸出し 箱根山テラスの敷地内であれば自由に持ち出しできますが、館外への貸出しはできません。

 

「山ノ上ノ談話室」に、おすすめの1冊を寄贈ください

本・雑誌のジャンル 不問、ただし漫画については「山」に関するものに限ります。
お譲りください 誰かに読んでもらいたい本をお持ちください。リサイクルショップではないので、不要になった本ではなく、おすすめしたい本を。
メッセージ 1冊につき1枚、メッセージカードのご記入をお願いしております。(フロントでカードをご用意しています)

 メッセージカード3

こちらもご覧ください

  みんなでつくる図書館へのご参加・ご利用をお待ちしております!